読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキンケア…悪くないですね…フフ…

30代美容マニアがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美容情報を書いています。

本日もくだらないですが、つやつや素肌を作る対策について綴ってみた

普通市場に出ている美容液などの化粧品や健康食品・サプリメントのプラセンタは馬や豚が原料になっているものが使われています。品質的な安全面から他由来のものと比較して、馬や豚が原料になっているものが確実に安心だといえます。

市販のプラセンタには使われる動物の違いに加えて、日本産と外国産の違いがあります。非常にシビアな衛生管理のもとでプラセンタが丁寧に作られていますから信頼性を望むのなら推奨したいのは当然日本で作られたものです。

顔に化粧水をつける際に、100回前後掌全体でパッティングするという説を見かけますが、このやり方は肌にいいとは言えません。特に肌が敏感な方は毛細血管が切れて赤ら顔・毛細血管拡張症の要因になる可能性があります。

肌への影響が表皮部分だけにとどまらず、真皮層にまで及ぶことが確実にできる非常に少ないエキスと言っても過言ではないプラセンタは、表皮細胞のターンオーバーを活性化させることにより透き通った白い肌を実現してくれるのです。

世界史上歴代の美しい女性とされ名を残す女性達がプラセンタを美容や健康の維持と若さを保つ効果に期待して使用していたといわれ、相当古い時代からプラセンタが美容に大変有益であることがよく浸透していたことがうかがえます。

美容液というものは、美白や保湿などの肌に有益な効果を与える成分が十分な濃度で使用されているため、一般の基礎化粧品類と照らし合わせてみると販売価格もやや高価になります。

美容的な効果を目当てとしたヒアルロン酸は、保湿やエモリエント効果を基本方針とした基礎化粧品やサプリに活用されたり、危険性が少ないことからヒアルロン酸注入としても幅広く用いられています。

一般的に市販の化粧水などの基礎化粧品や健康補助食品に配合されているプラセンタは馬由来や豚由来のものが主に使われています。安全性の面から考えても、馬や豚の胎盤を原料としているものが明らかに安心感があります。

「無添加と謳われている化粧水を意識して選んでいるので大丈夫だろう」なんて想定している方、その化粧水が本物の無添加品であると確認しましたか?本当のことを言うと、有害性があるとされる成分の中の1つを使用していないだけでも「無添加」と記載して構わないのです。

普通市場に出ている美肌化粧品や健康食品・サプリメントのプラセンタは馬由来や豚由来のものが主流になっています。気になる安全性の面から言えば、馬や豚が由来のものが非常に安全だと思われます。